スタンダードとハイパワープランの違いはなんですか?

Standardは最大転送速度が750Mbps、Hi-Powerは1200Mbps。

Standardプランのアクセスポイントでも、高機能機なプロフェッショナル用途に対応しているため、通常のWi-Fi運用であれば小規模店舗から大規模な施設までオススメです。その上でさらに特殊な用途が必要な場合にHi-Powerプランをご検討ください。

Hi-Powerプランで追加可能な機能
PoE対応 給電可能なLANケーブルで壁や天井に取り付けたアクセスポイントへ配線することで、電源とインターネットモデムから最大100m離れた場所に取り付け可能になります。
LTE対応 LTE契約SIMをセットしたLTEドングルを機器にセットし、インターネットへ接続できます。光回線契約とモデムが不要となり、電源一本でどこでも置けます(LAN配線不要)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

一般的な無線LANルータとの違いは?

家電量販店などで購入可能な家庭用の機器との大きな違いは、同時利用可能な人数が多いことです。 また、Free Wi-Fiとして公開す...


-->

wiffyでFree wi-fiをはじめよう

Hi-Power

1台あたり月額

¥2,480(税別)

Standard

1台あたり月額

¥1,980(税別)

LTE

1台あたり月額

¥3,980(税別)

Partners

  • liny
  • liny
  • spacee
  • tcn
  • 富士ソフト株式会社
  • レンジャーシステムズ株式会社

ウィフィーは国が定めるガイドラインに準拠した確かな技術で、
大手通信会社や自治体に採用されています。

総務省「観光・防災情報ステーション整備事業」に適合

総務省「Wi-Fi提供者向けセキュリティ対策の手引き」に準拠