ゲスト用SSIDのパスワードは無しですが、安全性は?

フリーワィファイの利便性(接続の容易さ)を優先し、SSIDの暗号化キーはオープンとしております。この場合、悪意のある第三者にとって、無線区間の通信内容を傍受することが可能ですが、利用者様には、接続ポータル上で以下の勧告をしております。

  1. ゲスト用SSID接続後のインターネット通信はhttps://から始まるウェブ通信のみをお勧めします。
  2. 仕事で会社への情報リソースにアクセスする場合は、VPNソフトを起動して通信区間全体を秘匿して下さい。

ヒント:https://

信頼できるウェブサイトやサーバとの間で、インターネット上でデータを暗号化して送受信する方法(SSLSecure Socket Layer)が有効です。

特に、ID・パスワードなどのログイン情報、クレジットカード番号や暗証番号といった大切な情報、名前や住所、写真、動画などのプライバシー性の高い情報をやりとりするときには、「SSL」による暗号化がされていることを確認してから、送受信するようにしましょう。この約束を守ることで、「通信内容が盗み見られる」ことを防げます。

ヒント:Wi-Fi暗号化ソフト TREND MICRO フリーWi-Fiプロテクション
このソフトをスマートフォンなどに常駐しておくと、Wi-Fi利用時に通信を暗号化します。Wi-Fi利用時に接続先の情報を通知し、通信暗号化のON/OFFを選択できます。通信を暗号化していないWi-Fi(公共エリアの公衆無線LANサービスなど)に接続した場合、自動的に通信を暗号化します。

アプリのダウンロードはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

wiffyってなんて読むの?

ウィフィー、もしくは、ウィーフィーと読んでください。なお、Wi-Fiは「ワィファイ」と読みます。 wiffyはWi-Fiの、新...


-->

wiffyでFree wi-fiをはじめよう

Hi-Power

1台 月額あたり

¥4,480(税別)

Standard

1台 月額あたり

¥3,980(税別)

Custom

ウィフィーは高性能クラウド管理型AP を採用しているため、中央管理の多店舗一括導入や広範囲に対応したスケールアップが可能です。お得なカスタムプランをご用意しています。お気軽にお問い合わせください。

Partners

  • liny
  • liny
  • spacee
  • tcn
  • 富士ソフト株式会社
  • レンジャーシステムズ株式会社

ウィフィーは国が定めるガイドラインに準拠した確かな技術で、
大手通信会社や自治体に採用されています。

総務省「観光・防災情報ステーション整備事業」に適合

総務省「Wi-Fi提供者向けセキュリティ対策の手引き」に準拠